多様な労働問題に弁護士が対応

労働問題もケガや病気、労働契約上の問題など色々あります。多彩な問題になれた弁護士に対応してもらいましょう。

法律相談の流れ

労働問題に詳しい弁護士へ依頼をしましょう

弁護士は労働問題以外にも刑事事件や不倫など得意分野があります。依頼をする際は労働問題に詳しい弁護士に依頼しましょう。

弁護士に依頼内容をきちんと相談をしましょう

弁護士が相手と交渉を行っていくので、依頼内容はきちんと弁護士に伝えるようにしましょう。

弁護士が相手と交渉を行っていきます

弁護士はトラブルの内容について、相手側と話し合いを行い、トラブルの内容と相違がないかきちんと確認をしていきます。

交渉内容を依頼主と確認を行います

弁護士が相手と話し合いを終え、今回のトラブルの解決方法について依頼主に話をします。解決方法に向けての内容が納得できるものかどうか確認します。

解決に向けて各手続きを行います

依頼主と先方の条件が納得すれば、必要な手続きを弁護士と一緒に行っていきましょう。

証拠を集めておく

弁護士

近年、労働問題が多く起きています。企業の中には頻繁にトラブルを起こしており、隠ぺいを行う専門部署を設けているような企業もあります。実際に就業をしてみなければ分からない、ということがあるので、就業をしてトラブルが起こり、どんなに助けを求めても隠ぺいされてしまう、ということも多いです。もしもトラブルが起きたのであれば、専門の弁護士を探して相談をしておくとよいでしょう。その際には証拠をしっかりと整理しておくことも大切です。些細なことでも証拠として提出をすることができるようになっているので、メモでもなんでも残しておくとよいでしょう。弁護士の中には勝算があっても慰謝料よりも報酬のほうが高くなるので泣き寝入りをするように薦めるようなところもあります。親身になって相談に応じてくれる法律事務所を探すというのはものすごく大変なことなので、色々な情報を集めてその上で依頼をするとよいでしょう。専門の法律事務所であればある程度安心もできます。

専門のところを探す

相談

交通トラブルを専門に扱っている法律事務所に労働問題の相談をするのは、方向性が違ってきてしまいます。労働関連の細かい法律を全く知らない、という弁護士もいるので、ただ不安になってしまうだけです。それは皮膚科専門医に大きな心臓の外科手術を任せるようなものなので、専門外となってしまえば全く知識がない、ということになってしまいます。ですから労働問題を解決した実績が豊富な弁護士を探すべきです。法律事務所のウェブサイトをチェックしてみると、たったの1件扱っただけでも労働トラブルも扱った経験がある、と記載をしてしまうところもあります。実際にどんなトラブルをどれくらい扱った経験があるのか、ということを確認することが必要です。

広告募集中